田んぼにも工事が必要って本当?専門業者に任せてみよう

>

おいしい稲を育てるために田んぼに欠かせない工事とは

余計な水を排除する

田んぼを作る際は、暗渠排水工事が行われるケースが一般的です。
簡単に説明すると、最初に地面を削りながら掘っていきます。
次に暗渠パイプを田んぼの中に入れ、被覆材を敷き詰めます。
この際はソダや、もみ殻が使われることが多いです。
最後に土を埋め戻し、暗渠排水工事の完了です。

ただこの方法だと、何回も田んぼの土を掘り返したり埋め直したりするので、田んぼにとって負担が大きかったと言われています。
現在は、進化した暗渠排水工事が誕生しています。
技術の進歩により田んぼに与える負担を削減できますし、専用の機械を使って一気に作業を進めるので、短時間で工事が終了する面がメリットです。
こうして田んぼが出来上がり、稲が作られています。

工事を行うメリット

暗渠排水工事を行うことで、水がスムーズに抜けていきます。
雨が降った後に田んぼに水がいつまでも残ることで、稲が腐ってしまうことがありません。
田んぼの地面が安定し、軽トラなどの車を運転することもできます。
トラクターも操縦しやすくなるので、稲刈りの負担を削減できるでしょう。

これから田んぼを作ろうと思っている人だけでなく、すでに田んぼで稲を作っている人も、暗渠排水工事をするのが良い方法です。
遅すぎることはなく間に合うので、今後の生育や収穫が楽になるよう工事を済ませましょう。
暗渠排水工事を請け負ってくれる業者はたくさん存在しており、どこが良いのか詳しく情報を調べましょう。
正しく業者を選択することが、工事を成功させるコツです。


この記事をシェアする