田んぼにも工事が必要って本当?専門業者に任せてみよう

>

契約する前に聞くこと

予算内に収まる価格

一般的に暗渠排水工事の相場は、10アールあたり30万円ほどです。
田んぼが大きくなればそれだけ料金が加算されますし、それぞれの業者によって料金が微妙に変わります。
知識のない素人がこのくらいの料金だろうと予想するのは難しいので、遠慮せず業者に聞いてください。
業者に見積もりを聞くと、実際に暗渠排水工事を任せた時の合計金額を把握できます。

予算内に収まっていたらそのまま契約を交わし、工事を始めてもらいましょう。
万が一予算を超えたり、金額に納得できない部分があったりしたらキャンセルし、考え直してください。
全く同じ田んぼや条件でも、別の業者に見積もりを聞く「相見積もり」にした場合、今度はもう少し安い料金を提示してくれることがあります。

なぜそこまで安いのか

見積もりを聞いた結果、相場よりも安い金額を言われた場合は、理由を詳しく尋ねてください。
安いことに飛びついてすぐ契約すると、後から追加で料金を請求されたり、手抜き工事をされたりするのでトラブルに巻き込まれます。
人件費や広告費を削減しているからなど、きちんとした理由があれば、本当にお客さんのことを考えている優良な業者だと判断できます。

また悪質な業者は契約を急かす傾向が見られるので、そのような気がしたらキャンセルしてください。
今なら安い価格になる、今契約しなければもったいないという言葉に騙されないで、業者の信頼性を確かめましょう。
契約書に不備や不明な部分がないか、最初から最後までしっかり読んで確認してください。


この記事をシェアする